• HOME
  • 立春大吉【2000~2018】福岡萬代

福を呼ぶ!立春大吉の酒

新年を迎え、年末からお正月にかけての慌しさが落ち着くころ、

にわかにまたちょっとした「ざわつき」が入船市場には毎年起こるんです。

その「ざわつき」の原因はというと・・・

立春朝搾り

これが「ざわつき」の源なんです。

「立春朝搾り」はその年一年の幸運と繁栄を招く縁起酒。

「無病息災」「家内安全」「商売繁盛」を祈願します。

肝心の味わいも「絶品」のひとこと!

まるで大吟醸のようなフルーティな香味と、飲みやすい口当たりの良さ。

女性の方や普段お酒をあまり飲まない方にも評判の日本酒なんです。

2017年1月15日


Attachment-1 (007)

2月4日 立春の日

前日の2月3日の節分の日(季節を分ける日)に豆まきをして

邪気を払い、新年を迎えるような新たな気持ちで春を迎えてきました。

そんな春の産声を聞く日が立春の日です。

あらゆる生命が活動を始める春。この春のはじまりにふさわしい、

春の祝い酒が「立春朝搾り」です。

Attachment-1 (00A)

杜氏さん泣かせのお酒

「立春朝搾り」の特徴は、何と言っても立春の日の早朝に搾り上がったばかりの

できたての新酒を、その日の内に呑むことができることです。

朝できたお酒を晩に呑む訳なので、劣化するヒマもありません。

そんな超新鮮な「立春朝搾り」。搾り上がりが2月4日と決まっている為、

できあがりが早過ぎたり遅くなったりしないよう、完璧な管理と微妙な調整が

必要となり、「大吟醸より神経を使う」という、杜氏さん泣かせのお酒なのです。

Image-3

酒蔵は大賑わい!福岡県宇美町の小林酒造(萬代)

杜氏さんや蔵人達が苦労して造った「立春朝搾り」をその日の内に

みなさんに呑んでいただく為に、ラベル貼りや箱詰めなどの作業を

われわれ酒屋がみんなで力を合わせて行います。

Attachment-1 (00B)

宇美八幡宮 神主さんによるお祓い

作業がひと通り終わると、神主さんが来蔵しお祓いを受けます。

造る人、運ぶ人、呑む人・・・とにかく「立春朝搾り」に関わった

全ての人の無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願します。


2021年05月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2021年06月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30